2007年01月20日

タイムドメインの憧れの的「Yoshii9(ヨシイナイン)」とは

非「Yoshii9」のタイムドメインスピーカーのユーザにとって
「Yoshii9」は憧れの的であり、高嶺の花だと思います。

BauXarのMarty101を買う前には「スピーカーに30万は出せんな〜」だったのが、
今では「いつの日か、きっと…」になってきています。

このスピーカーには色々逸話があって
・銀行からの融資の際に相手が試作機の音を聞いて感動し無担保で3500万円借りれた
・マイクロソフトのビルゲイツの自分の7千万円のオーディオシステムよりもいいと言った
などなど。

ちなみに「Yoshii9」の名前はもちろんタイムドメイン社長の由井啓之さん
に由来する、というのは容易に想像できるのですがナイン(9)は何?って疑問でした。
タイムドメイン社の社員が9人で由井とその仲間たち、的なことかしら?
とか考えたりしましたが、実のところスパイプの直径が9cmであることからつけられたそうです。
スッキリ。

この「Yoshii9」はいろいろな場所で使用されていて
・ジョンレノンミュージアム
・奈良の氷室神社(http://timedomain.exblog.jp/

神社でというのはおもしろいです。
古くからの行事に最新鋭のスピーカーが使用されるってどんな感じなんでしょうか。
一度行ってみたいですねェ。

学校の音楽室とかにもドンドン採用されたらいいと思うのですが
予算的に30万円ってどうなんでしょうか?
このスピーカーを使った授業を受けた生徒たちが
音楽に興味を持ち、音楽が好きになる。

そう考えると30万円って高くないような。

タイムドメインは普段音楽を聴いていない人が音楽に興味を持つ
最強のアイテムではないでしょうか。

運良く(?)ここをご覧になった校長先生へ、どうぞ御一考を(笑
TIMEDOMAIN
演奏家と対面できます
これが伝説のタイムドメイン式の原器
スピーカーの音じゃなく声と楽器の音が聞こえる
スピーカーセット:52位 (2010.02.13)
Amazonで詳細を見る

■参考URL
ビル・ゲイツを驚愕させた由井啓之のスピーカー作り
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000725

「世界も注目する“自然な音”」/MBS VOICE
http://www.mbs.jp/voice/special/200612/27_6236.shtml

それではこの辺で。
posted by okuni at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。